最近の話題から(中西医結合)

中国では、新型コロナウイルスの治療だけでなく、通常の治療でも西洋医学に加えて、中医学による治療も合わせて行われています。

中医学(中国の伝統医学)の処方がおもしろいのは、生薬の組み合わせや比率の違いによって効果が変わり、過去の歴史の蓄積に加え、日々の研究によっても絶えずアップデートされているところだと思います。

生薬を使うことの醍醐味は「扶正(ふせい)」ができることで、この考え方は西洋医学にはなかなかありません。

扶正とは、正気を扶(たす)けること。

正気とは、体に備わっている自然治癒力のことです。

つまり、使う漢方薬(中成薬)によって、自然治癒力をサポートすることができるので、ウイルスに感染しにくくなったり、感染をしても症状の重症化を防ぐことにもつながるわけです。

中国では育まれた文化の中で、新型コロナウイルスにも、中成薬が役に立つことがわかっているので、すぐに専門家のチームが組まれて、どのような生薬のブレンドが適しているのかが検討されています。

肺炎のように正気の働きが弱まっている高齢者が亡くなりやすい病気は、漢方薬が大活躍をすると私は個人的に思っています。

ですが、日本では残念ながら漢方薬は補佐的にしか使われません。

西洋医学の診断名(病気)に対して使われるため、自然治癒力を助けるという考え方には至らず、新型コロナウイルスの治療に今後も用いられることもないかもしれません。

新型コロナウイルスにはこの処方(生薬のブレンド)が良いよという情報がいくつも届くのですが、中医学の考え方を理解をしていないと誤解を与えることになるので、これが良いとは情報発信は難しいところがありますが、基本の考え方を今日はご紹介します。

3重の防衛 

  • 衛気(えき)を強化する→免疫力をアップ 
  • 速やかにばい菌やウイルスをやっつける→殺菌解毒 
  • 症状が出たなら症状に合わせて対処

寒気がする風邪なら 葛根湯

のどが腫れたり赤くなって痛い時には 天津感冒片

お腹に症状が出て、食欲不振や下痢・吐き気があるときには 勝湿顆粒

といった具合です。

何事も専門の方に相談して漢方薬を上手に使ってください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

不妊症 皮膚病のご相談は

鳥取県米子市日野町にあります 漢方相談薬局 遠藤全快堂薬局で承ります。
JR米子駅から徒歩で5分
米子道 米子南ICから車で5分
駐車場4台あり
米子市内バス停 「東町」ゆっくり徒歩3分

ご相談のお問い合わせは 0859-22-3634 まで
営業時間 9時~19時(勉強会等で早まる事もあり)

定休日 第2・第4日曜日
漢方相談を承りますものは複数名おりますが、「この先生に相談したい」

という場合は、必ずお電話でご確認をお願い致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆