湿気の多い季節に気を付けるべき事

6月に入りました。
朝晩はさすがに少し涼しい時もありますが、昼間は暑くなってきましたね。
暑いからと言って、必要以上に冷たい飲み物やアイスクリームなどを
摂っていないでしょうか。

すっきりと暑くなるのなら良いのですが、湿気が伴うのがこの季節です。
自然界には六気(風 寒 暑 湿 燥 火)があり、この六気が異常に
なると邪気として体にとって悪事を働くようになると私はイメージ
しています。
梅雨の時期は「湿邪(しつじゃ)」です。
湿の特長は、べっとり 重い なかなか取れにくい 長引くなど
性質をもっていますので、この時期の症状としては
①胃腸に来ると、胃もたれや軟便・下痢
②皮膚に来ると、汁が出るような湿疹 治りにくい湿疹
③関節に来ると、関節痛 腫れた痛み
④全体として、むくみやすい 体がだるいなど

また、この湿邪が他の邪気(体にとって悪さするもの)と連携して
来ると、さらに厄介な症状となって表れてきます。

日頃の養生としては、
冷たいものや生ものを控えて、なるべく火を通したものを摂る
体を内側から冷やさない
水分代謝をよくする豆類や瓜類などの野菜を上手に取り入れる など

軽い運動を取り入れて「気の巡り 血の巡り」を良くすることも
忘れずにしてくださいね。

いろいろとやってみてもうまくいかない
専門家に相談してみたい
など、ありましたら是非ご連絡ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
不妊症 皮膚病のご相談は
鳥取県米子市日野町にあります 漢方相談薬局 遠藤全快堂薬局で承ります。
JR米子駅から徒歩で5分
米子道 米子南ICから車で5分
駐車場4台あり
米子市内バス停 「東町」ゆっくり徒歩3分
ご相談のお問い合わせは

0859223634 まで
営業時間 9時~19時(勉強会等で早まる事もあり)
定休日 第2・第4日曜日
漢方相談を承りますものは複数名おりますが、「この先生に相談したい」
という場合は、必ずお電話でご確認をお願い致します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆